無料体験レッスン

中国の若者「80后」今年の国慶節はお見合いで大忙し

今回の国慶節(中国語発音:Guo2 Qing4 Jie2)の連休は、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?

日本に一時帰国されたり、国内外の旅行に行かれた方も多かったと思います。

中国の「80后(中国語発音:Ba1 Ling2 Hou4)」(1980年代生まれの若者)にとっては、これまでになく忙しい連休だったようです。

なんと多くの「80后」の連休明け初日の職場でのあいさつは、「連休中にお見合いした?」とのこと。

10月8日の「人民網日本語版」に、以下のような記事が掲載されていました。

—————————————————————–

劉靖さん(女性)は石家庄市にある広告代理店に勤務する27歳の女性。日頃は仕事に追われる彼女も、両親は連休前に彼女と共に嫁入り用の寝具を準備、「もう若くはないんだから。27で結婚できなかったら、30になったらもっと大変!」と言われ続けてきた。

今回の連休中に、両親は彼女のためにお見合い(相亲 Xiang1Qin1)の場をいくつも設けた。10月1日から数日間、朝から晩までスケジュールはお見合いで埋まり、1日に2-3人の男性に会った。

1回目の相手は背が高くないのに1メートル75センチあると言い張る医者で気に入らなかった。

2回目の機械設計の仕事をしている男性は、むしろ彼女の友人との話に花が咲いた。

3回目の相手は公務員、双方共に気心が合わない感じだった。

4回目は留学帰りの御曹司(富二代 Fu4Er4Dai4)、軽々しく、堅実な印象はなかった。

5回目は元軍人の若者、どれだけ酒に強いか自慢が続き、紳士的ではない言葉もあり、紹介者のメンツさえ気にしなければ、さっさと引き上げたかった。

このように、わずか数日間でお見合いを10回近くこなした彼女、「今回の連休は『お見合いウィーク』と名付けるわ!」。

実に多くの「80后」はミニブログで自身の「お見合い破談」を書き込んだ。

ある女性は、自分はまだ23歳になったばかりだというのに、両親が3日間に数回のお見合いの場を設けた。が、ひとつも話はまとまらなかった。たくさんの人に会ったが覚えていない人もいる、と打ち明ける。

IT関連の仕事に就いている郭さん(男性)もお見合いを迫られたことに苦言を吐く。「僕は普段は口数が少なく、女性とはほとんど話さない。でも今は毎日1人は会う日が続いている。ため息をつく時間もない」。国慶節連休中はゆっくりと休みたかったという彼、お見合いは仕事より疲れたと語った。

記者の取材では、今回の連休中にお見合いを迫られた「80后」は少なくないことが分かった。多くの独身男女の国慶節連休スケジュールはお見合いで埋まり、その多くは両親が早くから手配したものだった。

多くの両親の考えは同じ。「自分達は年を取った。息子・娘に合った伴侶を捜すのが自分達の生活の要となっている。中国の伝統は所帯を持って正業に就くこと。これが自分達の悩みなんです!」

しかしながら多くの人は、連休中に両親がいくらお見合いを手配しても、息子・娘達はお見合い場では上の空。期待が大きかった分だけ、むしろ息子・娘達に心理的負担を与えたと反省する。

記事協力:阮老師(上海中国語学校・コラボラーニングセンター)