無料体験レッスン

「上海生活に役立つ中国語講座」の記事一覧

上海の中国語学校おすすめの人気カフェTOP3

私たち「コラボラーニングセンター」は、中国語家庭教師の派遣専門のため、カフェで中国語レッスンをしている受講者の方も結構いらっしゃいます。

自宅近くのカフェでの受講が多いですが、上海に来たばかりの場合、どこにレッスンができるカフェがあるか分からない方も多いかと思います。

また上海にはいろんなカフェがありますが、レッスンに向いているカフェもあれば、向いていないカフェもあります。

当センターは2005年から中国語講師を派遣していますので、今回はその中でもレッスンでよく使われているカフェのトップ3をご紹介したいと思います。

上海にある各カフェの店舗一覧リンクも一緒に記載していますので、自宅近くでレッスン可能なカフェを探す時などにご活用ください。

1.スターバックスコーヒー(中国語名:星巴克珈琲)

Starbacks Coffee

日本でもおなじみのスターバックスコーヒー(Starbacks Coffee)は、1971年創業のアメリカ・シアトル発祥のコーヒーショップです。

中国名の「星巴克」は、「スター」の中国語訳の「星」と、「バックス」と似た中国語発音の「巴克」(ba1 ke4)から由来しています。

1999年と比較的早い時期に中国に進出したため、中国の外資系カフェでは一番店舗数が多いです。

2017年4月現在の中国での店舗数は、120都市で2600店舗以上。もちろん上海でも一番店舗数が多い外資系カフェです。

上海のスターバックスコーヒーの店舗一覧は以下のリンクを参照してください。

http://www.dianping.com/search/keyword/1/0_Starbacks

2.コスタコーヒー(中国語名:悦达咖世家)

Costa Coffee

コスタコーヒー(Costa Coffee)は、スターバックスと同じ年の1971年に、イタリア人のコスタ兄弟がイギリスで創業した老舗コーヒーショップです。

シアトル流エスプレッソのスターバックスに対し、品質にこだわり抜いた幅広い珈琲の楽しみ方を提供してくれるのが特徴です。

日本は未進出なので、日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、本国のイギリスではスターバックスよりも店舗数が多くメジャーなカフェです。

正式な中国語名は「悦达咖世家」ですが、中国人もみんな「Costa珈琲」と呼んでいます。

中国では2006年に上海の南京東路に一番目の店舗をオープン後、現在は全国300店舗以上まで拡大しています。

上海のコスタコーヒーの店舗一覧は以下のリンクを参照してください。

http://www.dianping.com/search/keyword/1/0_Coasta%20coffee

3.パシフィックコーヒー(中国語名:太平洋咖啡)

Pacific Coffee

パシフィックコーヒー(Pacific Coffee)は、1992年にアメリカ・シアトル出身の夫婦が香港で創業したコーヒーチェーンです。

こちらも日本未進出ですが、香港で一番大きなコーヒーチェーン店の一つなので、香港旅行で見かけたことがあるかも知れません。

また中国語名の「太平洋珈琲」は、英語名の「Pacific Coffee」の直訳なので、分かりやすいですね(笑)

中国進出は2011年なので、スターバックスやコスタコーヒーよりも遅かったのですが、現在では全国200店舗以上まで拡大しています。

上海のパシフィックコーヒーの店舗一覧は以下のリンクを参照してください。

http://www.dianping.com/search/keyword/1/0_Pacific%20coffee

番外編:Wagas(中国語名:沃歌斯)

wagas

Wagasでレッスンしている方も多かったのですが、カフェと言うよりかは、レストランに近いので番外編にしました。

この「Wagas」というのは、創業者が友達とお酒を飲んでいた時、ふと思いついた名前で、発音が気に入ったので店名にしたらしいです(中国語名の「沃歌斯」も「Wagas」の発音に由来)

現在、Wagasは上海に30店舗以上あり、有機野菜を使ったサラダやサンドイッチ、新鮮なフルーツのフレッシュジュースなど、健康的なメニューが特徴です。

基本的にはレストランなので、夜になるとお酒を飲む人もいますので、遅い時間はあまりレッスンには向いていないかも知れません。

上海のWagasの店舗一覧は以下のリンクを参照にしてください。

http://www.dianping.com/search/keyword/1/0_Wagas

上海で2017年3月1日から屋内の公共スペースでの全面禁煙条例が実施

上海ではこの2017年3月1日から、公共スペースでの喫煙を禁じる条例「上海市公共場所控制吸煙条例」(中国語:上海市公共场所控制吸烟条例)が実施されました。

この条例を周知するため、150万個の禁煙標識や320万枚の禁煙ポスターが、上海市内のマンションやオフィスビルの廊下などに張り出されました。

上海市公共場所控制吸煙条例

これにより、上海市内の屋内の公共スペース、オフィス、公共交通機関などはすべて禁煙となり、バーやレストランでも喫煙できなくなりました。

また屋内だけではなく、学校や病院など子供がいる場所では、屋外での喫煙も禁止されました。

違反した喫煙者には最高200元、施設管理者には最高3万元の罰金を科されます。また3カ月間の強化期間を設けて、制度の定着を図るとのことです。

今回は違反喫煙者を見逃さないように、施設管理者側の罰金を高額にしたほか、違反を見つけた市民が電話で通報できるシステムも新たに設けました。

上海市衛生・計画生育委員会では、市民全体で上海の健康と環境を守るために、禁煙違反行為を見つけた場合は、ホットライン「12345」まで連絡するように通達しています。

ちなみに今回は今までで一番厳しい禁煙条例で、中国語では「天花板下全面禁烟」(天井の下は全て禁煙)と言われています。

「トランプ大統領」の中国語表記は「特朗普」それとも「川普」?

トランプ米大統領が就任してから、そろそろ1ヶ月。上海のニュース番組でも、ほぼ毎日トランプ関連のニュースが報じられています。

トランプ大統領

ところで中国語のメディアでは、この「トランプ」はどのように表記されているのでしょうか?実は以下の2種類の表記があります。

  1. 特朗普(中国語発音:te4 lang3 pu3)
  2. 川普(中国語発音:chuan1 pu3)

「特朗普(トゥランプ)」と「川普(チュアンプ)」とも、どちらも英語発音に近い中国語の当て字から由来しています。

今まではその中国語表記が統一されていないため、表記が違う「特朗普」と「川普」は別人と思う人もいたりして、いろいろと混乱していました。

そのため、中国政府の公式見解を発表する国営通信社の新華社から、中国の各メディアに「特朗普に統一すること」との通達が出されました。

1965年に新華社や外務省などの関係部門が発表した「英語姓名訳名手帳」に、「トランプ」の表記は「特朗普」と定められているのが、その理由とのことです。

今後、中国大陸では「特朗普」に統一されると思いますが、台湾や香港では「川普」が多いため、中国語メディアでの「特朗普」と「川普」の混在表記はまだまだ続きそうです。

上海での待ち合わせにも困らない?WeChatのリアルタイム場所共有機能

中国ではLineやFacebookが使えないので、上海在住の日本人の方は、WeChat(中国語名:微信)を使っている人が多いと思います。

wechat_top

このWeChatはチャット、電話、ビデオ電話など、いろんな機能があって便利ですが、位置情報を送ったりすることもできます。

上海で待ち合わせする場合、自分のいる場所を電話で説明しても、地名や目印が中国語なので、うまく説明できない場合があります。

そんなときWeChatの「リアルタイム場所共有機能」が便利です。

WeChatを通じて、お互いの位置を地図上でリアルタイムに確認できるので、言葉がわからなくても、見つけることができます。

WeChatの「リアルタイム場所共有機能」の使い方は以下のとおりです。

WeChatの「リアルタイム場所共有機能」の使い方

1.まずWeChatを開いて、待ち合わせ相手の連絡先を選んで、チャットを始めます。

2.待ち合わせ相手とのチャット画面が開くと、プラスマークを押して、その下の場所ボタンをクリックします。

wechat_place_1

3.「場所の送信」と「リアルタイムの場所」の選択ボタンが出るので、「リアルタイムの場所」ボタンを選びます

wechat_place_2

4.すると「リアルタイムの場所」の画面が開き、自分の場所が地図上に表示されます。

wechat_place_3

5.相手には「場所の共有」メッセージが送られ、一番上に「クリックしてリアルタイムの場所に参加」と表示されます。

wechat_place_4

6.「クリックしてリアルタイムの場所に参加」を押すと、お互いの場所が地図上に表示されます。

wechat_place_5

7.それぞれが動くと、地図上の場所も動くので、すれ違って見失うこともなく、うまく出会えます。

「リアルタイム場所共有機能」の注意点

このWeChatの「リアルタイム場所共有機能」は、スマホの位置情報機能を使っています。

ですので、その位置情報の精度が高く無いと、表示される情報も不正確になりますので、高精度モードにしておく必要があります。

wechat_place_6

あとWeChatアプリの位置情報機能をONにしておくこともお忘れなく。

上海浦東空港でも入国時の外国人の指紋採取制度が実施予定

2017年2月9日、中国の公安局は外国人の出入国管理強化のため、「中華人民共和国出境入境管理法」の規定に基づき、外国人が入国する際の指紋採取を義務付けることを決定しました。

入国審査 指紋採取

対象は14歳から70歳の外国人で、2月10日から深セン空港や陸路の国境検問所の一部で試験的に実施し、今年中に順次全国で実施予定とのことです。

この試験実施で特に問題がなければ、上海の浦東空港でも数ヶ月以内に実施予定とのことです。

外国人の入国時の指紋採取は、日本でもテロ対策や不法滞在の防止目的で2007年から導入されており、すでに多くの国でも導入されているので、中国だけが特別というわけでもありません。

ただ例の新しく制定された、「外国人来華工作許可制度」と同様に、外国人の管理と監視を強化する意図もあるものとみられます。

そういえば、2016年8月19日から、電子パスポート(ICパスポート)と6ヶ月以上の長期ビザの外国人は、指紋と顔を事前登録すれば、入国審査は自動ゲートを使えるようになっています。

入国審査 自動ゲート

上海在住の駐在員とその家族なら、6ヶ月以上の長期ビザだと思いますので、この機会に自動ゲート用の事前登録も行っておけば、入国審査の長い列に並ばなくてすみますよ。