無料体験レッスン

「上海生活に役立つ中国語講座」の記事一覧

上海での待ち合わせにも困らない?WeChatのリアルタイム場所共有機能

中国ではLineやFacebookが使えないので、上海在住の日本人の方は、WeChat(中国語名:微信)を使っている人が多いと思います。

wechat_top

このWeChatはチャット、電話、ビデオ電話など、いろんな機能があって便利ですが、位置情報を送ったりすることもできます。

上海で待ち合わせする場合、自分のいる場所を電話で説明しても、地名や目印が中国語なので、うまく説明できない場合があります。

そんなときWeChatの「リアルタイム場所共有機能」が便利です。

WeChatを通じて、お互いの位置を地図上でリアルタイムに確認できるので、言葉がわからなくても、見つけることができます。

WeChatの「リアルタイム場所共有機能」の使い方は以下のとおりです。

WeChatの「リアルタイム場所共有機能」の使い方

1.まずWeChatを開いて、待ち合わせ相手の連絡先を選んで、チャットを始めます。

2.待ち合わせ相手とのチャット画面が開くと、プラスマークを押して、その下の場所ボタンをクリックします。

wechat_place_1

3.「場所の送信」と「リアルタイムの場所」の選択ボタンが出るので、「リアルタイムの場所」ボタンを選びます

wechat_place_2

4.すると「リアルタイムの場所」の画面が開き、自分の場所が地図上に表示されます。

wechat_place_3

5.相手には「場所の共有」メッセージが送られ、一番上に「クリックしてリアルタイムの場所に参加」と表示されます。

wechat_place_4

6.「クリックしてリアルタイムの場所に参加」を押すと、お互いの場所が地図上に表示されます。

wechat_place_5

7.それぞれが動くと、地図上の場所も動くので、すれ違って見失うこともなく、うまく出会えます。

「リアルタイム場所共有機能」の注意点

このWeChatの「リアルタイム場所共有機能」は、スマホの位置情報機能を使っています。

ですので、その位置情報の精度が高く無いと、表示される情報も不正確になりますので、高精度モードにしておく必要があります。

wechat_place_6

あとWeChatアプリの位置情報機能をONにしておくこともお忘れなく。

上海浦東空港でも入国時の外国人の指紋採取制度が実施予定

2017年2月9日、中国の公安局は外国人の出入国管理強化のため、「中華人民共和国出境入境管理法」の規定に基づき、外国人が入国する際の指紋採取を義務付けることを決定しました。

入国審査 指紋採取

対象は14歳から70歳の外国人で、2月10日から深セン空港や陸路の国境検問所の一部で試験的に実施し、今年中に順次全国で実施予定とのことです。

この試験実施で特に問題がなければ、上海の浦東空港でも数ヶ月以内に実施予定とのことです。

外国人の入国時の指紋採取は、日本でもテロ対策や不法滞在の防止目的で2007年から導入されており、すでに多くの国でも導入されているので、中国だけが特別というわけでもありません。

ただ例の新しく制定された、「外国人来華工作許可制度」と同様に、外国人の管理と監視を強化する意図もあるものとみられます。

そういえば、2016年8月19日から、電子パスポート(ICパスポート)と6ヶ月以上の長期ビザの外国人は、指紋と顔を事前登録すれば、入国審査は自動ゲートを使えるようになっています。

入国審査 自動ゲート

上海在住の駐在員とその家族なら、6ヶ月以上の長期ビザだと思いますので、この機会に自動ゲート用の事前登録も行っておけば、入国審査の長い列に並ばなくてすみますよ。

上海延安路71路トローリーバス(中国語:无轨电车)が正式開通!

上海延安路71路トローリーバス(中国語:无轨电车)が、今までの試運転を経て、この2月1日に正式に運転開始しました。

trolleybus

このトローリーバスは、上海市内の外灘から虹橋方面の申昆路まで、延安路(東路、中路、西路)高架下のバス専用道路を東西に17.5kmを走っています。

この路線には以下の25の停留所があり、浦西の黄埔区、静安区、閔行区、長寧区を通っています。

line71

始発駅から終点までの運行時間は約75分を見込んでいて、混雑時には4〜5分間隔、それ以外の時間は8〜10分間隔で運行しています。

時刻表によると、外灘(延安東路×中山東路)始発は午前5時30分、最終は午後11時30分で、逆の申昆路始発は午前4時30分、最終は午後10時30分です。

上海の交通をより便利に速くするため、高架下のバス専用道路を走ることで、平均時速は18〜19kmと、通常のバスの約2倍のスピードを見込んでいるとのことです。

でもこのバス専用道路を確保するために、一般車が走る車線が減るので、逆にさらに混むのでないかという、否定的な意見も多かったりします(笑)

ちなみに一般車が、このトローリーバス専用道路を走った場合の罰金は100元だそうです(救急車、消防車、パトカーは除外)

片道運賃は距離にかかわらず一律2元なので、家や職場が延安路沿いにある方は、一度乗ってみてはいかがでしょうか?

中国語(普通語)を話す子供は音楽が得意?(カリフォルニア大学の研究結果)

1月24日付の人民網のニュースによると、アメリカの大学研究員がこのほど、標準中国語(普通話)を話す子供は、音楽が得意な傾向があることを発見したとのことです。

chinese_children

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者が、中国語を話す子供と英語を話す子供180人を対象に、音質と音程の認識テストを行いました。

すると音質の識別能力は同等だったものの、音程の識別能力では、中国語を話す子供のほうが、英語を話す子供より、明らかに優れていたという結果がでました。

1月18日にアメリカの科学系情報サイト「Science Daily」で発表された、この研究者の分析内容は以下のとおりです。

  • 中国語の普通話は「声調言語」に属し、同じ言語音でも、声調の長さや高さの違いで、意味も異なる。
  • 中国語の普通話を話す子供は言語の声調を聞き分けることができ、音程の微妙な変化を識別することに長けている
  • 言語も音楽も音程の変化があり、これを聞き分ける必要のある中国語を話す子供は、音楽の音程を識別する点でも優れている。

「声調言語」の多くは東アジアや南米、アフリカの一部に分布し、中国語以外では、タイ語、ヨルバ語、コサ語などがそれに属します。

もちろん中国語は普通語以外でも、広東語や上海語などの方言にも声調があるので、それらも声調言語に含まれます。

確かに普通語は4種類の音程の変化がある「四声」から成り立っているので、日頃からその練習をしていると、音楽の音程識別能力も高まるのは、納得がいく話です。

ただ研究者は、「音楽が得意である傾向が高い」と言っているだけなので、中国語を話す子供たちが、みんな優れた音楽家になれる訳ではないらしいです(笑)

上海の新天地に「くまモン」(中国語名:熊本熊)のカフェがオープン!

1月22日、上海の新天地に熊本県のゆるキャラ「くまモン」(中国語名:熊本熊)がテーマのカフェ「KUMA Cafe(くまカフェ)」がオープンしました。

kumamon

オープン初日は、巨大な「くまモン」がカフェの目の前で待ち構えており、道行く人々の注目を集めていました。

中国でも人気が高いくまモンが登場すると、集まった大勢の人々から大きな歓声が上がっていました。

くまカフェの外観

くまカフェの外観

「くまカフェ」では、ぬいぐるみやバッグなどのくまモングッズの他、熊本県産の素材を使ったケーキなどを販売しています。

お店の1Fはテイクアウトとくまモングッズの販売、2Fがカフェになっています。

くまカフェの1F

くまカフェの1F(テイクアウト&グッズ販売)

くまカフェの2F

くまカフェの2F(カフェスペース)

カフェの運営会社によると、売り上げの一部は、去年に発生した熊本地震の義援金として寄付されるとのことです。

くまカフェは台湾ですでに2店舗(台北、高雄)がオープンしていて、中国では今年、北京などで5店舗を出店する予定です。

上海在住のくまモンファンの方は、新天地に遊びに行くついでに、一度行ってみてはいかがでしょうか?

くまカフェ(Kuma Cafe)
住所:上海市黄浦区馬当路188号(馬当路×興業路)