最近は上海も暖かくなって、すっかり春めいてきましたね。

trainingこの3月〜4月に新しく上海に駐在になって、これから中国語を勉強しようと思っている人も多い方と思います。

でも上海の日本人向け情報誌を見ると中国語学校がたくさんあるので、いったいどの学校を選べばいいか悩みますね。

そんな中国語初心者の方のために、今回は上海の中国語学校の選び方のポイントを紹介したいと思います。

1. 目的に合ったレッスンスタイル

上海で中国語を学ぶ方の目的は、皆さんそれぞれ違います。

日常会話やビジネス会話など、自分の目的に合ったコースを選ぶのはもちろんですが、レッスンスタイルも目的に合わせて選ぶことが大切です。例えば・・・

上海に来たばかりで、言葉も状況もわからないので、中国語の勉強と一緒に日本人のお友達も作りたい方は、グループレッスンの方が楽しく学べると思います。

またとにかく早く、日常生活や仕事で使える中国語をマスターしたい方、期間内にHSK合格が必要な方は、自分のペースで集中的に学べるマンツーマンレッスンがおすすめです。

2. 初心者に合った効果的な教え方

よく「資格を持った講師がいい」と言われますが、実は外国人向け中国語教師の国家試験である「対外漢語教師資格」は、資格による講師レベルの向上効果が見込めなかったため、2005年に中止されています。

また「対外漢語教師資格」の教え方は、基本的に中国語で教える方法なので、全く中国語が分からない初心者にとっては結構厳しいです。あと全ての外国人向けなので、特に日本人向けではありません。

やはり最初は日本語で教えて、上達にしたがって中国語で教える方が効果的に上達できます。初心者の方には日本語で教えてくれる講師がいる学校がおすすめです。

あと講師によって教え方が違ったり、相性もありますので、事前に体験レッスンを受けて確認できることも大切ですね。

3. 無理なく継続できる学習環境

無理なく学習を継続するには、通いやすい場所にある中国語学校を選ぶことが大切です。

ビジネスマンの方は、平日は会社付近、土日なら自宅付近がおすすめ。奥様なら自宅付近か、お買い物の場所に近い場所が便利です。

また残業などで受講できない場合、授業の振替ができるかどうかも重要です。欠席や変更する際、いつまでに連絡すればいいかも要チェックです。

まとめ

外国語学習はモチベーションを保って、効果的な方法で、継続的に勉強するのが上達の近道です。中国語も同じです。

モチベーションを保てるレッスンスタイル、初心者に合った効果的な教え方、継続しやすい環境を選ぶことが中国語学校を選ぶポイントになります。

ぜひあなたもこのポイントを参考にして、上海で自分に合った中国語学校を見つけてください。