無料体験レッスン

上海の中国語ATMの操作方法(預け入れ・預金編)

前回の上海の中国語ATMの操作方法(引き出し・出金編)に引き続き、今回は預け入れ(預金編)について紹介したいと思います。

上海のATMでは、引き出しはできるけど、預け入れができないATMもありますので、預け入れの際は注意が必要です。

icbc_atm

引き出しも預け入れもできるATMは、機器の上部に「存取款一体机」と書かれています(右の写真)

中国語で引き出しは「取款」、預け入れは「存款」なので、その両方の機能が一体化したATMという意味ですね。

ちなみに引き出しができるだけのATMは、機器の上部に「自动取款机」と書かれています。

今回も中国工商銀行の例で、現金預け入れの場合のATM操作方法と、それに関する中国語を紹介します。

  1. カードを入れる(插卡)
    ATMのカード差し込み口「插卡口」にキャッシュカードを入れます。
  2. 言語を選択する(选择语言)
    「中文」と「英語」の言語選択で、「中文」(中国語)を選択。
  3. パスワード入力(输入密码)
    銀行口座開設時に設定した6桁のパスワードを入力します。
  4. サービスの選択(选择服务)
    「存款」(預け入れ)サービスのボタンを選択してください。
  5. 現金を投入(放入现金)
    預け入れしたい金額の現金を投入してください(100元単位)。
  6. 確認(确认)
    投入した金額の確認画面がでますので、金額が合っていれば確認ボタンを押してください。
  7. 交易成功(取引成功)
    預け入れが完了しますと「交易成功」(取引成功)という表示が出ます。
  8. 明細書の発行(打印凭条)
    「打印凭条」を押すと、取引明細書がプリントされます。
  9. カード取り出し(退卡)
    カードを取り出して終了。中国のATMは自動的にカードは出ませんので、カードを忘れないように注意してください。

以上です。引き出しと同じく、銀行やATMの機種によって、多少表示が異なるかも知れませんが、大体同じ様な流れです。

なお11月12日から2015年版の新しい100元札の流通が始まりましたが、古いATMでは認識できない場合があるため、上海でもトラブルが発生しているようです。

引き出しの時は問題ありませんが、預け入れの場合は、ATMが偽札と認識して吐き出す場合があります。その場合は新札かも知れないので、新しいATMで再度チャレンジしてみてください。

記事協力:上海の日本人向け中国語学校・コラボラーニングセンター教育部