無料体験レッスン

中国のチャットで一番使われている絵文字(中国語:表情符号)

上海にいる日本人の皆さんも、友達とのやりとりでWeChat(中国語:微信 wei1 xin4)やQQを使うことがあると思います。

日本人と同様に、中国人も絵文字(中国語:表情符号 biao3 qing2)を使うことが好きです。ところで、中国のチャットで一番使われている絵文字は何でしょうか?

中国のインターネットサービス大手、テンセント(中国語:腾讯 teng2 xun4)は、このほど「中国ネットユーザーの絵文字報告」を発表しました。

同報告はQQで使用された絵文字のデータが基になっています。2014年に最も使われた絵文字は、歯を出したニコニコマーク(中国語:呲牙 zi1 ya2)で、10億回以上送信されました。

統計によると、2014年にQQでは合計5388億回絵文字が使われました。またQQユーザー8億人のうち、90%以上がチャットで絵文字を使っています。

トップのニコニコマークに続いたのは、怒りマーク(中国語:发怒 fa1 nu4)です。そして、キスマーク(中国語:亲亲 qin1 qin)、ニヤリと笑うマーク(中国語:偷笑 tou1 xiao4)が続きました。

年齢別に見ると、若いユーザーほど絵文字を使う頻度が高いです。また若いユーザーほど怒り系のマークの送信回数が多いのに対し、高齢になるほど笑顔系のマークの送信回数が多いです。

時間別に見ると、絵文字の送信が最も多いのは夜21時頃です。また平日より祝祭日のほうが絵文字の送信が多いです。

意外なのは、仕事中(平日)は楽しい系の絵文字の送信が多いのに対して、週末など休日なると怒り系の絵文字の送信が増えていることです。

皆さんはどんな絵文字をよく使っているのでしょうか?

記事協力:阮老師(上海駐在員向け中国語学校・コラボラーニングセンター)