無料体験レッスン

上海市閔行区に中国初の地下鉄博物館が開館

上海で生活している人々に、上海地下鉄の半世紀に渡る発展歴史を紹介するため、国内初の地下鉄博物館が10月28日に開館しました。

場所は閔行区の呉中路1779号で、地下鉄10号線紫籐路駅から出てすぐです。総建築面積5000㎡で、今回開館した第1期分の面積は2800㎡になります。

地下鉄博物館では、地下鉄の発展歴史、地下鉄の機能、地下鉄の文化、地下鉄の安全、世界の地下鉄という五つのテーマで、上海の地下鉄について紹介しています。

最新技術を利用した180°フルハイビジョンスクリーンと歴史資料、展示品、トンネル模型などを通じて、当時地下の鋼の長城と言われた地下鉄を体験することができます。

また模型館では様々な地下鉄が展示され、タッチパネルで自分だけのデザインの地下鉄を設計したり、操作室で自分の手で地下鉄を動かす事もできます。

この地下鉄博物館の辺りには、商業施設も併設されますので、今後はますます賑やかになると思われます。

現在はまだ試験営業中のため、営業時間は火曜日から金曜日の9時30分〜16時30分までになっています(土、日、月は休み)。

個人客は入場料無料ですが、予約が必要になります(メール shmetromuseum@126.com、もしくは電話 26030100-504559、504557)

そのうち正式営業が開始されると、土日も営業されると思いますので、上海の地下鉄文化を体感してみたい方は、是非一度行ってみてください。

最新情報は以下の上海地下鉄のオフィシャルサイトでチェックしてください(中国語)

http://www.shmetro.com/

また今回の文章で出てきた外来語の中国語と読み方は以下のとおりです。

フルハイビジョン(全高清 quan2 gao1 qing1)
スクリーン(屏幕 ping2 mu4)
トンネル(隧道 sui4 dao4)
タッチパネル(触摸屏 chu4 mo1 ping2)

記事協力:袁老師(上海中国語学校・コラボラーニングセンター)