無料体験レッスン

上海の大気汚染(PM2.5)の食事対策

この12月6日、上海では微小粒子状物質「PM2.5」濃度が600マイクログラムを上回り、大気汚染指数も6段階で最悪な「深刻な汚染」になりました。

こうした大気汚染に対して、上海市政府は汚染の激しい日には児童、老人や心臓病、肺病患者は室内に留まり、健康な人も屋外の運動を減らすよう呼びかけています。

一般市民の自衛策はやはりN95 マスクなどの着用でしょうか。また空気清浄機の売り上げも伸びて、人気商品は在庫切れの状態になっています。

マスクや空気清浄機などはもちろん使わなければなりませんが、肺に良い食べ物も多めに食べたほうがいいと思います。

今回は「肺に良い食べ物」の中国語を紹介します。

山药(shan1 yao4)ヤマイモ
莲藕(lian2 ou3)レンコン
雪梨(xue3 li2)ナシ
银耳(yin2 er3)白キクラゲ
白萝卜(bai2 luo2 bo)大根
柚子(you4 zi)ブンタン

スーパーや市場で買う時は、店員さんに以下のように聞けば、すぐ分かると思います。

→我想买(wo3 xiang3 mai3)〇〇。 私は〇〇を買いたいです。
→请问(qing3 wen4),〇〇有吗(you3 ma)? すみませんが、〇〇はありますか?

また今回は霧とスモッグが一緒に発生したため、視界が非常に悪くなってしまいました。

中国語で霧は「霧」(wu4)、スモッグは霾(mai2) 。両方一緒の場合は、続けて「霧霾」(wu4 mai2)と言います。

霧はまだいいですが、スモッグは発生してほしくないですね(泣)

記事協力:阮老師(上海中国語教室・コラボラーニングセンター)