無料体験レッスン

HSK(漢語水平考試)と中国語検定試験の各級のレベル比較

最近は上海駐在員の方でも、会社の方針や、キャリアアップのための資格取得、中国語のレベル確認のために、HSK(漢語水平考試)を受験される方が増えています。

また日本では中国語検定試験(日本中国語検定協会主催)が有名なため、「HSKの◯級は中国語検定の何級レベルですか?」という質問をよく受けます。

今回はそのHSKの各検定級のレベルと、それに相当する中国語検定試験のレベルを紹介したいと思います。

HSK検定級の概要

HSKは1級から6級まであり、中国語検定とは逆で、数字が大きいほど上級になります。

試験問題はリスニング(聴力)、読解(閲読)、作文(書写)の3パートで、総得点の6割が合格ラインです。

5級と6級には合否の記載はなく、点数のみ開示されます。

HSK1級

単語数150語程度。大学での第2外国語で半年間で学習する初歩的なレベル。

中国語検定(日本中国語検定協会主催)の準4級~に相当。

HSK2級

単語数300語程度。大学での第2外国語1年間で学習する基礎的なレベル。

中国語検定(日本中国語検定協会主催)の準4級~に相当。

HSK3級

単語数600語程度。大学での第2外国語1年間半で学習するレベル。

中国語検定(日本中国語検定協会主催)の準4級~4級に相当。

HSK4級

単語数1,200語程度。大学での第2外国語2年間で学習するレベル。多くの大学で、理系分野の本科生(学部生)、研究生(大学院)への入学基準とされる。

中国語検定(日本中国語検定協会主催)の4級~3級に相当。

HSK5級

単語数2,500語程度。多くの大学で、文系分野の本科生(学部生)、研究生(大学院)への入学基準とされる。

中国語検定(日本中国語検定協会主催)の3級~2級に相当。

HSK6級

単語数5,000語以上。

中国語検定(日本中国語検定協会主催)の準1級~に相当。