無料体験レッスン

2016年上半期の中国語ネット流行語の人気ランキング(上位5位)

今回は次回に続き、2016年上半期の中国語ネット流行語の人気ランキングの上位5位です。

中国のネットで流行している若者の話し言葉なので、話す相手や場合によっては、ふさわしくない言葉もあります。

特にあまり良くない意味の言葉は、意味がわかれば十分ですので、自分では使わない方がいいかもしれません(笑)

1. 撩妹(中国語発音:liao2 mei4)

韓流ドラマ「太陽の末裔」(中国語名:太阳的后裔)の人気と共に、この言葉も流行になりました。

気にいった女性に好意を持ってもらうため、男性が様々な手段を弄すること、つまり「女性を口説くこと」の意味です。

逆に女性が男性を口説く場合は「撩汉」と言います。

2. 老司机(中国語発音:lao3 si1 ji1)

元々は雲南民謡の「老司机带带我」から来た言葉で、「ある分野におけるプロ」のことを言います。

またネット上の自分のリソースをシェアしたり、自慢したり人にも使います。よく「老司机快开车」や「老司机带带我」のように使います。

3. 吃土(中国語発音:chi1 tu2)

2015年11月11日のネットショッピングの販促イベントの後、新しく出てきた言葉です。

ネットショッピングでお金を使いすぎで、生活費もなくなって、「土しか食べれないほどの金欠状態」を表します。

4. 你咋不上天呢!(中国語発音:ni3 zha4 bu4 shang4 tian4 ne?)

元々は東北地方の方言で、ネット上で人気になりました。直訳すれば、「そんなにすごいのなら、どうして空に登らないの?」になります。

日本語的には「いい加減にしろ」、「調子に乗るな」、「何を考えているの」に近いでしょう。

5. A4腰(中国語発音:A4 yao1)

A4サイズの紙を縦にして、紙で隠すことができる細い腰のこと。A4サイズは21cm×29.7cmなので、横幅が21cm以下の腰になります。

ある女優がネットで自分の「A4腰」写真を載せた後、みんなが真似するようになり、今は女性が痩せている一つの標準となっています。