無料体験レッスン

上海で病気になった時に役立つ「身体の部位の中国語」

最近は上海もだいぶに涼しくなってきました。そろそろ秋の気配ですね。

今年は夏がかなり暑くて、急に涼しくなったせいか、体調をくずしている方も多いです。夜中に急に病気になった時、上海の緊急病院では日本語が通じる先生がいない場合もあります。

今回はそんな時、どこが痛いか説明するのに役立つ「身体の部位の中国語」を紹介します。

头(tou2)頭の総称
脑袋(nao3 dai4)頭
脑子(nao3 zi)脳
头发(tou2 fa)頭髪
脸(lian3)顔
眼睛(yan3 jing)目
鼻子(bi2 zi)鼻
耳朵(er3 duo)耳
嘴巴(zui3ba)口
舌头(she2 tou)舌
牙齿(ya2 chi3)歯
脖子(bo2 zi)首
胸(xiong1)胸
肚子(du4 zi)腹
背(bei4)背中
腰(yao1)腰
屁股(pi4 gu)尻
手(shou3)手
胳膊(ge1 bo)腕
指头(zhi3 tou)指
指甲(zhi3 jia1)爪
腿(tui3)足首から上
脚(jiao3)足首から下

ちなみに「~が痛い」という場合は、その部位の単語の後に「疼(teng2)」をつけるだけでOKです。(例:头疼)

記事協力:郭老師(上海の日本人向け中国語学校・コラボラーニングセンター)