無料体験レッスン

上海で偽札・偽コイン(中国語:假币)をもらったら

上海で生活している皆さんは、偽札や偽コインをもらった事がありますでしょうか?

買い物の時とか、食事の時とか、タクシーに乗る時とか、お金を使う時にはいつも偽札をもらう可能性があります。

今までの偽札は百元札が多く、肉眼ですぐ判断するには難しいですが、よく見れば分かります。

でも最近は銀行のATMからも偽札を出ることが多発していますので、皆さんもくれぐれも気を付けてください。

最近、私の友人はかなり珍しい偽コインを受け取ってしまいました。

彼はよくタクシーを利用しますが、ある日、交通カードの残金が不足したため、現金でタクシー代を支払いました。

そしておつりいっぱいもらったのですが、その時は急いでいたので、おつりのチェックはしませんでした。

後でゆっくりおつりを確認すると、なんと1元コインの中に、ゲームセンターのコインが混ざっていたとのことです。

1元コインが数枚なので、そんなに大した損害にはならなかったですけど、やっぱり騙されたのは悔しかったらしいです。

最近はそれら偽コインの使用を防止するため、上海のバスも偽コインを判断できる運賃箱を設置しました。

もし皆さんが偽札や偽コインをもらったら、以下のように中国語で言って、本物と交換してもらいましょう。

お札の場合は「请给我换一张」(qing3 gei3 wo3 huan4 yi4 zhang1)
コインの場合は「请给我换一个」(qing3 gei3 wo3 huan4 yi4 ge4)

記事協力:袁老師(上海駐在員向け中国語学校・コラボラーニングセンター)